ウォーターサーバーの部位別お手入れ方法

ウォーターサーバーは使っているうちに、汚れや水垢などが発生します。

ウォーターサーバーは白色や透明のボディを採用していることが多いため、ちょっとした汚れでも目立ちやすいという特徴があります。

こまめに掃除するようにすれば、毎日気持ちよくウォーターサーバーを使用できます。

日頃のちょっとしたお手入れで、きれいな状態で長く使うことができるので、お手入れの仕方を覚えておくとよいでしょう。



ただし、水をためておくタンクや電気系統にかかわる部分については、メーカーにメンテナンスを定期的に依頼するのが基本です。

掃除をすることでタンク内に雑菌が繁殖してしまったり、壊してしまうことを防ぐためです。



タンクや電気系統以外の部分については、簡単にお手入れが可能です。

コップに水を注ぐ蛇口には、手垢と水垢がつきやすくなっています。

手垢には油分が含まれており、汚れが目立つので、乾いた布で定期的に拭き取るようにしましょう。

蛇口の水垢は、布で拭き取るだけでは落ちないため、消毒用のアルコールやエタノールを含ませた布で拭き取りを行います。

アルコールやエタノールは、すぐに蒸発するため人体に影響がないため、安心して使えます。

蛇口から垂れてくる水がこぼれないようにする受け皿には、カビが発生することがあるので要注意です。



もし、カビが発生してしまったら、重曹を溶かした水に受け皿を浸して浸け置き洗いを行います。

重曹には嫌な匂いを除去する働きもありますので、常備しておくとよいでしょう。