ウォーターサーバーは赤ちゃんの居る家庭で活躍

赤ちゃんの居る家庭ではウォーターサーバーが活躍します。

ウォーターサーバーは宅配水業者が提供している給水装置です。

水の入ったボトルをサーバーにセットすることで給水可能となります。
赤ちゃんの居る家庭ではミルクを作る必要があります。ミルクは水を70度以上に沸騰させてから作るのが常識です。
しかし、ミルクを作る為に毎回水を沸かすのは大変です。


そこでウォーターサーバーの温度調節機能が活躍します。
温度調節機能とは、水の温度を瞬時に切り替えて、使いたい時に冷水や温水を給水できる機能です。



温水に切り替えることで、80度程度のお湯をすぐに使うことができます。赤ちゃんの居る家庭では、ミルクを作る時に温度調節機能が活躍します。


また、ミルクを作る時は水の安全性も重要です。

水道水を使ってミルクを作るのは赤ちゃんに悪い影響を与えてしまいます。



水道水には塩素や水道管の錆が含まれています。

免疫のある大人は大丈夫ですが、赤ちゃんが飲むと腹痛や下痢などの症状を引き起こす可能性があります。
ウォーターサーバーを利用すれば、宅配水業者が安全に飲める水を毎月自宅まで届けてくれます。



水には硬度があり、硬度によって軟水と硬水に分けられています。
赤ちゃんには飲みやすい軟水が良いとされています。
硬水は赤ちゃんのお腹に負担が掛かり、下痢などの症状を引き起こすことがあります。

赤ちゃんの居る家庭で、これからウォーターサーバーを利用したいと考えている時は、軟水を選ぶと良いです。